スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ぼうけんぜんや。

2009/04/13 Mon 21:56

前置きしてる暇ないので、取り急ぎっ。
『≪白の道標≫硝子瓶の中の孤島にレッツゴー!』の仮プレ、置いておきますね。

明日には、この記事にももちょい加筆できたら良いなぁと思いつつ。
いつも取っ掛かりが遅いのです、すみませんすぎます…。
★昼
くっ(眩しげに目を細め)
船長がちょぴり好みだなんて、言いませんよ!

戦闘開始後、後衛へ。
まずは老海賊を集中攻撃!
Iniの高い穂乃美さんのお力借りて、
わたしは命中精度高い光槍で攻撃しますね。
老海賊を退治後は、ナイフ、墨鉄砲の優先順で。
ナイフさんはきっと偏食家なのですね。
好き嫌いは駄目ですよ!と叫びつつ、
森王で2人同時に巻き込めれば!

(蛸墨見て涙目で)
もぎゃー何故に鉄砲に墨入れるですかもぎゃー!
こここれ水洗いで落ちるですか落ちませんかもぎゃー!
うぅお気に入りのわんぴす着てこなくて良かったです、
恐るべしじゅんしん…!

VS船長戦は、再び光槍中心に変更っ。
HPが半分以下の時はリフコアで回復はさみますね。
果たせなかった夢を掴ませてあげる事は出来ないけれど、
せめて想い果たすお手伝いぐらいは。

★夜
ほぅ、ほぅって夜鳥の声。
森という程の広さはないけど、
暗い木々の間を通る時ってドキドキですよね*
飛び退る我らがせんちょに、
動物怖がらせちゃ駄目ですよぅと声をかけつつ。

飯盒炊爨、待ってましたー!
薪っわたし薪集めてきますっ
簡単なシチューぐらい作れるかしら*
今のわたし達、探検家~って感じですよね!

宝箱あける瞬間、
きっと皆の顔は満天星と同じ位輝いていて。
宝物ってきっとこの事だったんだなぁなんて、
スプーン拾いながら思うわたしなのでした。

設定/
名称/
スポンサーサイト
Memo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。